2035 / 10 / 20

ヘルズ BAR HELLS

bww62rmwmemt25j68hwi.jpg

ヘルズのワイン専門ブログ
「ヘルズのワインノート」へようこそ。
このブログでは、毎週入れ替わる今週のグラスワインリストや原価ワインのお知らせ、ワインの産地やブドウの品種に生産者の解説、そしてテイスティングノートなどを記しています。

大阪なんばのワイン&バー・ヘルズ。
なんば駅から徒歩3分。女性のお一人様や初めての方も気軽に楽しめるカジュアルなバー・ヘルズ。グラスワインは10〜20種類。カクテルは200種類以上。シングルモルトは約100種類をご用意。2006年に開業し、店主チバと嫁のリコ、 夫婦二人で経営しています。

ヘルズのウェブサイト
https://hells.amebaownd.com
様々な情報を掲載していますので、初めての方は是非ご覧下さい。

営業時間:19:00~24:00
電話:06-6641-9630
※ご予約は当日のみ受付ています。
住所:大阪市浪速区難波中1-9-10
マッセ難波ビル1F
グーグルマップは「ヘルズ」で検索
定休日:火曜
(旅好きなもので、たまに臨時休業します。)
完全禁煙:外に喫煙席をご用意しております。

楽天ROOM「ヘルズのワインリスト」
https://room.rakuten.co.jp/hells/collections
ヘルズがオススメするワインやウイスキーを「楽天ROOM」にてご紹介しています。
数ある酒屋さんの中から、送料込の楽天最安値をピックアップ。酒屋さん別、贈り物用など、おすすめのワインを分野別に掲載しています。まだ1%程度しか紹介できていませんが、ワイン選びに迷ったら、ぜひチェックしてみて下さい。




2020 / 02 / 28

今週のグラスワイン 2020.02.28

今週のグラスワイン  
★=カジュアル ★★=オススメ ★★★=高級ワイン

※グラスワイン4種 飲み比べセット お好みのワインを50mlずつ4種類のテイスティング
  価格は各ワイン100mlの半額で提供します。(但し、開いているワインのみとなります。)

<赤ワイン>
1:原価ワイン287弾:世界で最もケタ外れなカベルネのひとつ
★★★シェーファー ヒルサイド・セレクト カベルネ・ソーヴィニヨン 1997
¥2000/50ml 市場完売:¥40000以上 重厚フルボディ  90年代カリフォルニア最強の銘酒
<原価ワインのルール>
お一人様1800円(市場価格が5万円以上の場合は2500円)以上の飲食をされた方に提供しています。毎回木曜日からスタートし、完売したら次の木曜日に新たな原価ワインを提供しています。

2:五大シャトー・ラフィットのサードワイン的なポイヤック
★★ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト ポーイヤック・レゼルブ・スペシアル 2015
<25%OFF>¥1200/70ml ¥1600/100ml  市場価格:¥4500 ミディアムフルボディ

3:豪州の濃縮系グルナッシュ
★★★グリーノッククリーク コーナーストーン グルナッシュ 2009
¥1600/50ml (市場完売:¥8000以上) 重厚フルボディ
<豪州で最多となるパーフェクトワインを生み出すカルト生産者グリーノック・クリーク>

4:フルーティーで濃いめの赤ワイン:シラー
★コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン
¥700/100ml 野生味フルボディ 
フランス・ローヌ・シラーの見本
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★ウィンダム・エステート BIN 555 シラーズ 2018         
¥800/100ml フルボディ
果実味たっぷりの豪州シラーズの定番

5:濃いめの赤ワイン:カベルネ 
★サンドバー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013
¥700/70ml ¥900/100ml フルボディ 豪州カベルネの名産地クナワラの濃厚なカベルネ
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★ナパ・セラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン 2011
¥900/70ml ¥1200/100ml(市場価格:¥2728) フルボディ 濃厚なナパヴァレー

6:軽やかで香り高い赤ワイン:ピノ・ノワール
★★ドメーヌ・ヴォアリック ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2014
¥900/70ml ¥1200/100ml 市場完売¥2400前後 ミディアム・ライトボディ
ピノノワールの本場フランス・ブルゴーニュのスタンダード
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★ヘス・セレクト ピノ・ノワール 2015
¥900/70ml ¥1200/100ml 市場価格:¥3672  ミディアム・ライトボディ
カリフォルニアのフルーティーなピノ

7:フルーティーなメルローの高級ワイン
★★ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015
¥1300/70ml ¥1800/100ml 市場価格:¥4000 フルボディ
ボルドーワインの3級シャトーを代表するシャトー・カロン・セギュールのセカンドワイン
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★ジャラ・リッジ ジン リザーヴ・メルロー 2012
<20%OFF>¥1000/70ml ¥1400/100ml 市場価格:¥4345 フルボディ
豪州の果実味たっぷりの高級メルロー

<白ワイン>
8:コクのある辛口シャルドネ
★★フランシスカン シャルドネ 2018
<10%OFF>¥900/70ml ¥1200/100ml (市場価格:¥2915)
カリフォルニアの名産地ソノマの濃醇なシャルドネ
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★ロバート・モンダヴィ ナパヴァレー シャルドネ 2011
<13%OFF>¥1000/70ml ¥1400/100ml  市場価格:¥3229
カリフォルニアの名産地ナパヴァレーの濃醇なシャルドネ

9:スッキリ系のピノグリージョと香り華やか味わいスッキリのヴィオニエ
★ダンサンテ ピノ・グリージョ 2017
¥800/100ml イタリアの辛口スッキリ系ピノ・グリージョ
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★マリウス ヴィオニエ 2017 シャプティエ
¥700/100ml  フランス・ローヌの筆頭生産者シャプティエのカジュアルなヴィオニエ

10:甘口ワイン
★★クレスマン ソーテルヌ 2016
<30%OFF>¥1000/70ml  (市場価格:¥4082)極甘口
世界三大貴腐ワインの産地ボルドー・ソーテルヌ地区の極甘口貴腐ワイン
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★スモーキング・ルーン ブルー・ルーン モスカート 2015
¥800/100ml カリフォルニアの甘くフルーティーなマスカットワイン

11:イタリアのオレンジワイン
★★カンティーナ・マリリーナ クリヴ ビアンコ NV
¥800/100ml <イタリア・シチリアの自然派オレンジワイン>
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★シレ 2018 ファットリア モンド アンティコ
¥900/70ml ¥1200/100ml (希望小売価格:¥3146)

ワインの解説は続きを読むをクリック

続きを読む

2020 / 02 / 27

クロ・ド・ヴージョ生産者区分地図

先週から自粛ムードの中、グーグルマップを使ったブルゴーニュのワイン地図をコツコツと作成。ブルゴーニュの偉大なる特級畑クロ・ド・ヴージョ。英語版の生産者区分を参考に、日本語版の作成に至った次第。作成が進むにつれ、区画別の大まかな違いが理解できた。

188899230038のコピー

ヴージョ村及びクロ・ド・ヴージョ特級畑の地図
クロ・ド・ヴージョ内に地図1〜3を区分した。

地図1
1889199288787のコピー


地図2
1888277322667.jpg

地図3
18889277348のコピー


2020 / 02 / 24

ワインは品種から その1:マスカット

マスカット

マスカット

ワインの入門編的品種
唯一ブドウの味がするワイン

<マスカット総論>
ブドウの特徴

・マスカットは世界で最も古く、最も普及しているブドウの1つ。
・マスカットというブドウはなく、マスカット系の品種をまとめたグループの総称。
・日本でマスカットといえば「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。ムスク(麝香:じゃこう)の高貴な香りを持つ「食用ブドウの女王」となり、日本では岡山でしか生産できない高級ブランド品。
・「ネオマスカット」もマスカット系だが、マスカットではなくネオマスカットと表示される。
・他にも日本でのマスカット系は、紅アレキ、甲斐路、ルビーオクヤマなど多数ある。

ワインの特徴
・英語ではマスカット、フランスではミュスカ、イタリアではモスカートやモスカテッロ、スペインやポルトガルはモスカテル、ドイツ語ではムスカテラーなど、国によって呼び名が異なる。
他にもマスカット系の品種が多数ある。

・食用ではブドウの女王と称されるマスカットも、ワインにすると入門編的な甘口ワインが大半を占める。
・ワインの女王になれない理由は、熟成の元となる酸が少ないため、長期熟成に適さないからである。

・但し、酒精強化ワインでは重要な品種となり、希少な高級ワインもいくつか存在する。

・マスカットだけは、ワインにしてもブドウの風味がする。
・ムスクなど独特のアロマティックなマスカットの香りが特徴。

・ワインの入門編には最適。
・まるでジュースのようにフレッシュ&フルーティー。
・ワインが苦手と思われる要素である渋味や酸味がなく、適度な甘口なので非常に飲みやすい。

・日本では、ワインが初めてな人やワインが苦手な人でも、マスカットの甘口ワインだけは美味しく飲めるという人が非常に多い。(ちなみに日本の酒の消費量シェアを見ると、ワインはたったの4%しかない)
・つまりマスカットワイン、特にイタリアのアスティやモスカートダスティなどは、ワイン好きになってもらうための非常に重要な存在なのだが、ワインを扱う飲食店でマスカットワインを見かけることはほとんどない。


・ヘルズで一番飲まれたワインはアスティであり、アスティのベビーボトル=200mlは、開業してから常に置いている。

・ワインはマスカットから。まずは総論を。
・マスカットは調べるほど奥が深い。それを各論にまとめた。

代表的なマスカットワイン
アスティ
イタリア・ピエモンテ州アスティ村。マスカット(モスカート・ビアンコ)のやや甘口スパークリングワイン。カジュアルながらイタリア最高峰のDOCGに格付されている。

モスカート・ダスティ
イタリア・ピエモンテ州アスティ村。マスカット(モスカート・ビアンコ)のやや甘口微発泡ワイン。アスティより味わい深いものが多い。

ミュスカ・ダルザス
フランス・アルザス地方。グランクリュの高価なマスカットワインもある。マスカットの辛口ワインの良き見本となるが、日本ではあまり売られていない。

ヘルズ推薦のマスカットワイン
アスティ
安くても美味しいので何でもOK。ヘルズはサンテロ・天使のアスティ。

モスカート・ダスティ
安くても美味しいのですが、2000円前後ものは上質な味わいが楽しめる。

レイモス・エスプモーソ・デ・モスカテル
スペインのカジュアルなマスカットのスパークリング。

ブラウン ブラザーズ モスカート
ブラウン ブラザーズ レクシア
豪州を代表するカジュアルなマスカットワイン。モスカートは微発泡な甘口。レクシアは遅積みの濃厚な甘口ワイン。

・マスカットワインは安くても美味しくハズレが少ないので「マスカット」「モスカート」「ミュスカ」などで検索して試してみて。

<マスカット各論>
調べるほど奥が深いマスカットを各論にまとめた。

世界の主なマスカットワインの産地(アスティとアルザスを除く)
モスカート・ディ・スカンツォ
イタリア・ロンバルディア州。モスカート・ディ・スカンツォという黒ブドウの陰干し甘口赤ワイン。2009年にDOCG認定。

モスカデッロ・ディ・モンタルチーノ
イタリア・トスカーナ州モンタルチーノ村。モスカート・ビアンコ(実はマスカット・オブ・アレクサンドリアだと云われている)の甘口ワイン。スティル、微発泡、遅摘み陰干しワインの3種類がある。DOC認定。

パンテッレリア
イタリアのシチリアとチュニジアの間の小さな島。モスカート・アレキサンドリアの甘口ワインとパッシートの陰干しデザートワインがある。

シャンバーヴ・ミュスカ
イタリア・ヴァッレ・ダオスタ州シャンバーヴ。モスカート・ビアンコ種ながらフランス語のミュスカと呼ばれている。甘口だけでなく辛口のミュスカも造られていて、地元では前菜からデザートまで「ミュスカ」で通すこともある。

モスカート・ディ・ノート
イタリア・シチリア州ノート。モスカート・ビアンコで辛口から陰干しのデザートワインまで作られている。

ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ
フランス・ローヌ地方南部。ミュスカ・ア・プティ・グラン種を使って、酒精強化ワインの一種であるヴァン・ドゥ・ナチュレル(VDN)と呼ばれる極甘口のワインを生産している。

ミュスカ・デ・リヴサルト
フランス・ルーション地方のヴァン ドゥ ナチュレル。ミュスカ・ア・プティ・グランとミュスカ・アレクサンドリアをブレンドして造られる。

ミュスカ・デュ・カップ・コルス
フランス・コルシカ島のヴァン・ドゥ・ナチュレル(酒精強化ワイン)。

マスカット・オブ・サモス
ギリシャ・サモス島。辛口ワインから酒精強化ワインまである。

モスカテル・デ・セトゥーバル
ポルトガル南部のセトゥーバル半島のDOC。ポートとマデイラと並び、ポルトガル3大酒精強化ワインの一つ。

マラガ
シェリー酒の本拠地スペイン・アンダルシア地方最大のワイン産地。マスカットのシェリーが7割を占める。

マスカットの主なワイン用品種
モスカート・ビアンコ=ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン
マスカットワインのトップ品種。イタリアが76%、フランスが7%を占める。小粒なのが名の由来にもなっている。最も有名なのは、アスティとモスカートダスティ。甘口はマスカット香にメロンの風味。辛口はシトラス、フローラルとスパイスの風味。フランスでも最も多く栽培されており、ボーム・ド・ヴニーズやリブザルトなど酒精強化ワインに使われる。かつてはアルザス地方で広く栽培されていたが、冷涼に強いマスカットオットネルに変わってきている。オーストラリアでは、ブラウンマスカット、フロンチニャン、ラザグレンマスカットなど、様々な名前で呼ばれている。ビクトリア州のラザグレンでは世界最高級の酒精強化ワインが造られている。

マスカット・オブ・アレキサンドリア
エジプトのアレクサンドリアで生まれた古代品種で、マスカットワインでは2番目の生産量を誇る。甘口ワインはカジュアルなものが多いが、酒精強化ワインでは高級なものが多い。酒精強化ワインの需要が減少する昨今、世間のニーズに合わせて辛口ワインも誕生してきている。主な生産国はイタリア41%、スペイン34%、ポルトガル10%、豪州7%。

モスカート・ローザ
主な生産国はアメリカ49%、イタリア35%、オーストリア8%、豪州5%。スパイス、ベリーフルーツ、ローズの香りが高い。トレンティーノ・アルト・アデイジエ州の乾干しの甘口ワインが名産。

モスカート・ジャッロ
イタリアが86%の生産量を占める。特有のマスカット香があり、トレンティーノ・アルト・アデイジエ州、ヴェネト州の乾干しの甘口ワインが名産。ゴールドムスカテラー、イエロー・マスカットと同類。

マスカット・ハンブルク
別名ブラック・マスカットの黒ブドウ。主な生産国はアメリカ76%、ドイツ7%、ギリシャ、イスラエル。

マスカット・オットネル
フランス・アルザス生まれの冷涼な産地に適したマスカット。オーストリア60%、ルーマニア16%、ハンガリー7%、フランス4%。

モリオ・ムスカート
ドイツのマスカット。カジュアルな甘口ワインになる。

トロンテス
マスカット・アレキサンドリアとミッションの自然交配で生まれたアルゼンチンを代表する香り高い白ワイン。マスカット香とマスカットにはない強い酸味が特徴。

マスカットの高級ワイン
マサンドラ・コレクション ホワイトミュスカ
ロシアが誇る世界最高峰のマスカットワイン。熟成のピークに達するのに40~60年を要する。五大シャトーよりも高額で取引される。

バルデスピノ トネレス・モスカテル
ロバート・パーカーが100点満点をつけたスペインのマスカットで造られた甘口シェリー。

チェンバース・ローズウッド レアー・マスカット
豪州におけるマスカットと酒精強化ワインの本場、ヴィクトリア州ラザグレンの筆頭生産者。フラッグシップのレアーマスカットの最も古い原酒は1890年まで遡る。最高質のヴィンテージのワインのみ、

コンスタンシア・ヴィン・デ・コンスタンス
南アフリカを代表する伝説のデザートワイン。

フィリップ・トーニ カトーニ スウィート・レッド
カリフォルニア・ナパヴァレーの山岳地帯スプリングマウンテンの生産者。島流しにあったナポレオンがこよなく愛した南アフリカの伝説的なデザートワイン「コンスタンシア」をモデルとし、マスカット・ハンブルグの黒ブドウを使用した赤の極甘口ワイン。

キャンベル マーチャント・プリンス レア・ラザグレン・マスカット
豪州におけるマスカットと酒精強化ワインの本場、ヴィクトリア州ラザグレン。マスカットの酒精強化ワイン。

ドンナフガータ・ベン・リエ パッシート・ディ・パンテッレリア
イタリアのシチリアとチュニジアの間の小さな島パンテッレリアで生産されたマスカット陰干しデザートワインの最高峰。

ドメーヌ・ゴビー コート・カタラン ラ・ロック・ブラン
南仏ルーション地方、スペイン国境に接するコート・カタランの自然派。評価の高いマスカットワイン。

グランポレール 岡山マスカット・オブ・アレキサンドリア〈薫るブラン〉
「果実の女王」と称されるマスカット・オブ・アレキサンドリアの国産ワイン。

2020 / 02 / 21

今週のグラスワイン 2020.02.20

今週のグラスワイン
原価ワイン、飲み比べのカロンセギュール、グリーノッククリークも、10杯ほど残っています。今週は12種類のグラスワインをご用意してお待ちしています。

<赤ワイン>
1:原価ワイン287弾:世界で最もケタ外れなカベルネのひとつ
★★★シェーファー ヒルサイド・セレクト カベルネ・ソーヴィニヨン 1997
¥2000/50ml 市場完売:¥40000以上 重厚フルボディ  90年代カリフォルニア最強の銘酒

<原価ワインのルール>
お一人様1800円(市場価格が5万円以上の場合は2500円)以上の飲食をされた方に提供しています。毎回木曜日からスタートし、完売したら次の木曜日に新たな原価ワインを提供しています。現在1〜2週間に1本ペースで開けています。

2:豪州の濃縮系グルナッシュ
★★★グリーノッククリーク コーナーストーン グルナッシュ 2009
¥1600/50ml (市場完売:¥8000以上) 重厚フルボディ
<豪州で最多となるパーフェクトワインを生み出すカルト生産者グリーノック・クリーク>

3:フルーティーで濃いめの赤ワイン:シラー
★コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン
¥700/100ml 野生味フルボディ <フランス・ローヌ・シラーの見本>

4:濃いめの赤ワイン:カベルネ 
★サンドバー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013
¥700/70ml ¥900/100ml フルボディ 豪州カベルネの名産地クナワラの濃厚なカベルネ

5:軽やかで香り高い赤ワイン:ピノ・ノワール
★★ドメーヌ・ヴォアリック ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2014
¥900/70ml ¥1200/100ml 市場完売¥2400前後 ミディアム・ライトボディ

6:フルーティーな赤ワイン:メルロー
★★ジャラ・リッジ ジン リザーヴ・メルロー 2012
<20%OFF>¥1000/70ml ¥1400/100ml (価格:¥4345) フルボディ
豪州の果実味たっぷりの高級メルロー

7: 世界で最もハートが似合うワイン
★★ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015
¥1300/70ml ¥1800/100ml 市場価格:¥4000 フルボディ
ボルドーワインの3級シャトーを代表するシャトー・カロン・セギュールのセカンドワイン


<白ワイン>
8:コクのある辛口シャルドネ
★★シミ シャルドネ ソノマ・カウンティ 2017
¥900/70ml ¥1200/100ml (市場価格:¥2400前後)
カリフォルニアの名産地ソノマの濃醇なシャルドネ

9:スッキリ系の白ワイン
★ジョエル・ロブション コレクション ソーヴィニヨン・ブラン 2017
¥700/70ml ¥900/100ml 洗練辛口
世界一のシェフ、ロブションの南仏産ソーヴィニヨン・ブラン

10:トロピカルな香りの中口白ワイン
★★ゲヴュルツトラミネール アルザス グランクリュ ピングベルグ 2013
¥900/70ml ¥1200/100ml (市場価格:¥2765) 芳香中口
フランス・アルザス地方の特級畑「ピングペルグ」のゲヴュルツ バラの花の香り満開!

11:フランスの極甘口貴腐ワイン
★★クレスマン ソーテルヌ 2016
<30%OFF>¥1000/70ml  (市場価格:¥4082)極甘口
世界三大貴腐ワインの産地ボルドー・ソーテルヌ地区の極甘口貴腐ワイン

12:イタリアのオレンジワイン
★★カンティーナ・マリリーナ クリヴ ビアンコ NV
¥800/100ml イタリア・シチリアの自然派オレンジワイン

※グラスワイン4種 飲み比べセット 
お好みのワインを50mlずつ4種類のテイスティング
価格は各ワイン100mlの半額で提供します。
(但し、開いているワインのみとなります。)

2020 / 02 / 14

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015
¥1300/70ml ¥1800/100ml 市場価格:¥5500

ハートマークが最も似合うワイン
カロン・セギュールの新たなセカンド


生産者:シャトー・カロン・セギュール
生産地:フランス ボルドー地方 メドック地区 サンテステフ村 
品種名:メルロー64% カベルネ36%  タイプ:芳醇中重口 
熟成:5年(新樽率30% 17ヶ月熟成) 度数:13.5% 

シャトー・カロン・セギュール
ボルドーワインの3級シャトーを代表するシャトー・カロン・セギュール。
ワインラベル=エチケットに記されたハートマークは「我、ラフィットやラトゥールをつくりしが、我が心カロンにあり」という名言を残した創始者のセギュール伯爵が愛したシャトーという意味が込められています。

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール
2013年よりオーナーが代わり、カロンセギュールのセカンドワインは「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」に名称変更され、ラベルもカロンセギュールと同じハートマークになりました。

偉大なるビンテージとなった2015年は、例年より濃い出来栄えです。カシスやベリーなどの果実の香りに、皮革やスミレの花、エスプレッソ、シャトー特有のビターチョコのようなニュアンスも感じることができます。凝縮感としっかりしたタンニンもあり、カロンセギュールの片鱗を十分に感じることができ、ボルドーのセカンドワインの中では、トップクラスのコストパフォーマンスがあります。

カロンセギュールがカベルネ主体で新樽100%18ヶ月熟成で5年以上の熟成が必要なのに対して、マルキドカロンはメルロー主体、新樽率30%17ヶ月熟成で、早くから楽しむことができます。



2020 / 02 / 12

シャトー・カロン・セギュールの解説

4d5e629998344d9fbc82aba488aacb2c_201903041047556e6.jpg

シャトー・カロン・セギュール
Chateau Calon Segur

世界で一番ハートマークの似合うワイン
セギュール伯爵が愛したシャトーカロン


生産地:フランス ボルドー地方 メドック地区 AOCサンテステフ
格付:メドック第3級
オーナー
カプベルン・ガスクトン夫人(〜2011)
フランスの保険会社シュラヴニール(2012〜)
支配人:ローラン・デュフォ(2012〜)
生産責任者:ヴァンサン・ミレ(2006〜)
醸造コンサルタント エリック・ボワスノ
作付割合:カベルネ56% メルロ35% フラン7% プティヴェルド2%

ヘルズの評価:2級

カロンセギュールの歴史
起源
シャトー・カロン・セギュールの歴史は、紀元前のガロ・ローマ時代までさかのぼり、かつてジロンド河口を行きかった船『カロンヌ』にちなんで、土地の名を「サンテステフ・ド・カロン」と名付けられる。既に12世紀には、ワインを生産していた記録が残っており、サンテステフの最初の葡萄畑のひとつでもある。

15世紀および16世紀 
リュール家からマルサン家、ヴァリエ家、ガスク家へと所有者交代が続く。

1670年 ガスク家の娘ジャンヌは、ジャック・ド・セギュールと結婚し、シャトーカロンはセギュール家へ。
息子のアレクサンドル・ド・セギュール(1674年〜1716年)はラトゥールの後継者である女性と結婚し、ラトゥールを所有する。
1715年 アレクサンドルは、ポイヤックの名門、ラフィットを買収し、セギュール家は一大ワイン帝国を築き上げる。

1718年 アレクサンドの息子、ニコラ・アレクサンドル・セギュール侯爵は、ムートンの土地を買収し、セギュール家の資産はさらに拡大。シャトーマルゴーを除く、のちのメドック第1級となるシャトーをすべての所有する。
1755年 セギュール侯爵死去

カロン・セギュールの誕生とハートマークの由来
「葡萄の王子」と異名をとったニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵が、シャトーカロンを所有し、シャトー・カロン・セギュールが誕生する。
セギュール侯爵は、後に五大シャトーとなるラフィット、ラトゥール、ムートンも所有していたが、「我、ラフィットやラトゥールをつくりしが、我が心カロンにあり」という名言を残している。

その後「セギュール伯爵が愛したシャトー」をいう敬愛の意味を込め、エチケットにハートマークが描かれるようになる。


1855年 メドック格付けで第3級を獲得。
1894年 ガクストン家が110年以上所有する。
1940年代から50年代前半までは、1級に匹敵する黄金時代を築き上げる。60年と70年代は低迷するが、1982年以降本来の姿を取り戻している。

1995年 女傑マダム・ガスクトン
亡き夫の跡を継ぎ、ドゥニーズ・カプベルン・ガクストン夫人がオーナーとなる。数少ない「シャトーに住んでいるオーナー」として有名であり、自他共に厳しい性格で知られていた人物。カロン・セギュールの評価を高め、メドックきっての女傑と一目置かれていた。マダムはカロン・セギュールを「サン・テステフにおけるシャトー・マルゴー」と称している。
ワイン評論家のロバート・パーカーは、マダムのことをこう論じている。「ガスクトン夫人ならこう言うだろう。サンテステフのすべてのシャトーのうち、カロンセギュールが最も忠実に、伝統的なスタイルの、成長し花開くまで時間のかかる、長命なワインをつくり続けていると」。

2006年 新たな醸造責任者ヴァンサン・ミレ
新たな醸造責任者にシャトーマルゴーの醸造スタッフだったヴァンサン・ミレが就任。彼はブドウ畑の大胆な刷新計画を立て、テロワールの価値を更に高めるという使命に尽力している。コンサルタントはメドックの守護神エリック・ボワスノ。ムートン以外の五大シャトー及びメドックの6割のコンサルを手がける伝道師。

2011年 マダムの死去とシャトーの売却
オーナーのガスクトン夫人が死去したことに伴い、娘のエレーヌと孫娘イザベルが引き継いだものの、巨額の相続税が負担になったため、2012年7月、フランスの保険会社スラヴニールに売却。ヴァンサン・ミレ率いる醸造チームはそのままで、新たなカロンセギュールに注目が集まる。

2012年 カロン・セギュールの新たな改革へ
シャトーを取得したスラヴニール社は、共同経営者であるヴィドロ・グループと共に、シャトーの歴史を尊重しながら、大規模な改修工事に着手する。

2013年 新生カロン・セギュールの誕生
新たなセカンドとサードワインをリリース。エチケットのデザインも全て刷新され、グランヴァンからサードワインまでハートマークが描かれるようになる。

シャトー・カロン・セギュールは、偉大なる遺産を次世代へと継承している。


カロンセギュールの特徴
・畑はブルゴーニュのように石垣(クロ)で囲まれており、ボルドーでは非常に珍しい。
・サンテステフの最北区域で海に最も近い。格付けシャトーとしても最北端にあり、冷涼な海洋性気候が酸とフィネスを与えている。
・カロンセギュールの畑は、ポイヤックの砂利土壌にサンテステフの粘土土壌が組み合わさったような土壌で、サンテステフでは最も厚い砂利層に粘土の地層がある。カベルネに最適な砂利が厚ければ、水はけも良く、地熱が高まり、カベルネに芳醇さとタンニンがつき、根底の粘土層によって複雑味と力強さが生まれ、土壌と気候の組み合わせにより、カロンセギュールに力強さとフィネスをもたらしている。

・2006年以降、畑の植替えも進み、作付割合はメルロを20%まで削減し、カベルネは70%は引き上げられている。
・マダム時代の新樽率は平均60%だったが、2013年以降の新樽率は100%で熟成され、力強さがプラスされている。

・若い時は、力強い渋味と凝縮した果実味、ほのかな土、ミネラル、鉄、スパイスの風味、見事なしなやかさとたぐい稀な凝縮感の調和があり、固すぎずエレガント。同じサンテステフのコスやモンローズに比べても飲みやすく、ボルドー好きにはたまらない味わいとなる。

・熟成すると、サンテステフの個性とも言うべき粘土土壌の成分=土、鉄錆、ごぼうの風味が醸し出す。
・熟成ピークになると、ブランデーやウイスキーのような甘くスモーキーな樽香、ラムレーズン、チョコ、梅の風味が溢れ出し、時に五大シャトーに対抗するかのような風格を現わすときがある。


・香り満開のカロンセギュールに出会えれば、セギュール侯爵がラフィット、ラトゥール、ムートンよりカロンを愛した理由が分かるかも。
・ただ土・鉄錆・ごぼうの粘土土壌由来の厳つい風味になるのか、甘くスモーキーな樽由来の高貴な風味になるのか?開けてみないとわからない。

・ボルドーを代表する3級シャトーであり、3級シャトー筆頭のパルメに次いでの品格がある。
・マダムが引き継いだ95年から、品格は2級シャトーに近づきつつ、2013年からの新体制での改革によって、2級シャトーの品格が十分に備わってきている。

カロンセギュールのラインナップ ☆=オススメ

42128274_237901976905166_1517389929680583317_n_20190304102537ad4.jpg
左:2013年からの新デザイン
中:80年代までのエチケット
右:1990年から2012年までのエチケット

グランヴァン
☆シャトー・カロン・セギュール

品種名:カベルネ65% メルロ25% フラン10%
新樽率/樽熟成:100%/18ケ月~20ヶ月 生産量:8万本
・ボルドーらしい渋く重厚な味を求めるなら2000年以降のものを。
・年々高騰してきており、1万円以上もするのでビンテージ選びは慎重に。

<カロンセギュールのビンテージ別ヘルズの評価>
傑作 2016・15・10・09・05・03・2000・1982
秀作 2018・17・14・13・12・08・06・96・95


・但し、傑作と秀作は7年以上熟成したものでないと、固くて香りが開かない場合が多い。
・傑作であっても、¥15000以内で入手したい。
・12〜15年以上熟成させたものは、評価が低くても素晴らしい状態になることがある。
・サンテステフの強烈な個性が知りたければ、15年以上熟成させたものを。
・原価ワイン候補は、最高傑作の1982年。

<ヘルズのワインノート>
シャトー・カロン・セギュール 1999
ヘルズの評価=95点:セギュール伯爵が愛したシャトーカロンの味とは

ウイスキーやシェリー、ブランデーのような圧倒される高貴な香りと強烈な味わいが非常に印象的。黒糖、ラムレーズン、チョコ、炭、スモーキー、シェリーカスクのウイスキーのような強烈な香り、味はベリー、レーズン、小梅、炭、チョコ、余韻はラムレーズンで非常に長い。サンテステフ特有の土やゴボウ、鉄のミネラル感はほとんど感じない。甘く、スモーキーかつ芳醇でうっとりするぐらい美味すぎる!パーカーの評価は87点と低かったのですが、その評価を覆し、飲まれた方全員を唸らせる出来映え。熟成は絶頂期。個人的には、今までのカロンセギュールの中では最高傑作と断定。「我ラフィットを造り師が、わが心にカロンあり」と名言を残したセギュール公爵が愛したシャトーカロンとはこのような味だったのか…ラフィットの最高峰のフィネスよりも、この力強さを公爵は選んだのか… カリュアド・ラフィットとカロン・セギュール飲み比べながら、カロンを愛した伯爵の気持ちが少し分かったような、そんな最高の気分を味わえました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2004]シャトー カロン セギュール 赤 750ml ACサンテステフ
価格:14667円(税込、送料別) (2020/2/12時点)



セカンドワイン
・マルキ・ド・カロン(〜2013)
・2012年までのセカンドワインは、マルキ・ド・カロンと別の区画で作られたシャペル・ド・カロンの2種類がある。カロンセギュールの片鱗はあまり感じられず、セカンドワインというよりサードワインのレベルで、オススメできない。

DSCF4277.jpg

☆ル・マルキ・ド・カロン・セギュール (2013〜)
品種名:メルロ57%、カベルネ33%、フラン10%
新樽率/樽熟成:30%/17ケ月 生産量:14万本
・2013年からセカンドワインがル・マルキ・ド・カロン・セギュールに名称変更され、エチケットもハートマークに。凝縮感としっかりしたタンニンもあり、カロンセギュールの片鱗を感じることができる。

・メルロ主体でカロンセギュールより飲みやすく、若いビンテージから楽しむことができる。
・カロンセギュールが高すぎるので、3000円代とお手頃価格のマルキ・ド・カロンが一番のオススメ
・但し、2013年以降のビンテージを買うべし。2013年以前のセカンドワインは品質が低い。
・2015年と16年は、素晴らしいビンテージだったため、価格が4000円以上に高騰している。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ル マルキ ド カロン セギュール [2016] ( 赤ワイン ) [J]
価格:4268円(税込、送料別) (2020/2/12時点)



サードワイン
saint-estephe-de-calon-segur-2015.png

・サンテステフ・ド・カロン・セギュール(〜1999)
・ラ・シャペル・ド・カロン(2000〜2012)
主に樹齢の若いブドウで作られたサードワイン。99年まではサンテステフ・ド・カロン・セギュール。2000年から2012年まではラ・シャペル・ド・カロンとして販売。どちらもクオリティーは低かった。

☆サンテステフ・ド・カロン・セギュール(2013〜)
品種名:メルロ58%、カベルネ41% フラン1%
新樽率/樽熟成:0%/3年樽16ケ月 生産量:6万本 
2013年に登場した、ハートマークの新たなサードワイン。主に樹齢の若いブドウで作られたフルーティーな味わい。レベルはセカンドワインよりワンランク下がるので、3000円以下で入手したい。3000円以上だと、3000円代のセカンドワインをオススメする。



プティカロン

・ル・プティ・カロン(2015〜)
品種名:メルロ62%、カベルネ33% フラン5%
新樽率/樽熟成:0%/1年樽15ケ月 生産量:6万本 
別区画のシャペル・エリアで育てられた上質のメルローと、畑再構築プロジェクトにより育てられた若いカベルネのブレンド。年ごとにキャップとハートマークの色が変わる。限定のサードワインにしても、セカンドより高いのでオススメしません。




2020 / 02 / 12

マカン 2010 ベンジャミン・ド・ロスチャイルド ベガ・シシリア

マカン 2010

マカン 2010 ベンジャミン・ド・ロートシルト ベガ・シシリア
¥1800/50ml 市場完売:¥14000前後

ラフィットの血統とスペイン最高峰ウニコのベガシシリアの共作


生産者:ボデガス・ベンジャミン・ド・ロートシルト&ベガ・シシリア 
生産地:スペイン リオハ地方
タイプ:果実味フルボディ
品種名:テンプラニーリョ100% 
熟成:10年(新樽率70%15ヶ月熟成) 
度数:14.5%

ベンジャミン・ド・ロートシルト&ベガ・シシリア 
スペインワイン最高峰のウニコの生産者ベガ・シシリアと、五大シャトーのシャトー・ラフィット・ロートシルトの初代オーナーの曾孫にあたるベンジャミン・ド・ロートシルト男爵(バロン・エドモンド・ドゥ・ロートシルト社)によるジョイントで誕生した「マカン」。設立は2004年。プロジェクト発足から5年以上に及ぶ研究を重ね、その間に最適な畑を取得。2009年にファーストヴィンテージを醸造、2013年にリリース。ボルドーの伝統にならい、マカンとセカンドラベルのマカン・クラシコの2種類を生産しています。

マカン
生産地はスペインの歴史的な銘醸地リオハ。マカンのスタイルは、モダンなスペインワインとフランス・ボルドーの伝統の融合。ブドウは樹齢35年以上のテンプラニーリョを100%使用。フレンチオークにて新樽70%、一年使用した樽を30%の比率で15ヵ月熟成します。マカンとマカン・クラシコはここまで同じ行程。その後いくつかのロットに分類され、2つのワインを別のワインとして紹介し、両者の間の違いを明らかにしています。親しみやすい風味のマカン・クラシコに対し、マカンはより複雑な味わい。ワンランク上の上質なワインに仕立てられています。
力強くボリュームのある凝縮した赤系果実のアロマ。 ピュアな赤い果実と酸味の存在感、そしてベルベットのような滑らかタンニンが 渾然一体となった肉厚な仕上がり。 リオハならではのミネラル感も感じられます。 テンプラニーリョのタンニンと酸味を、フレンチオークの柔らかなニュアンスが包み込み、 深く濃密な味わいながらしなやかな印象もあります。

<ヘルズのワインノート>
カシスやベリー、バルサミコ、コーヒーやチョコの風味。エレガントなテンプラニーリョの骨格が大きく広がり、黒々とした樽の風味を包み込む、スペイン最高峰のウニコを彷彿させる偉大なる味わい。果実味が樽の風味を包み込む現象は、ウニコや一部のスペインワイン、一部のサンジョベーゼでしか経験したことがない。ウニコは極限の凝縮があるが、マカンはフィネスがある。ウニコのセカンドワインといった感じ。ワイン界最長の樽熟成を施すベガシシリアならではの芸術的な樽の風味と、それを包み込む母なるテンプラニーリョ。感動の味わいだった。

2020 / 02 / 08

今週のグラスワイン 2020.02.08

※グラスワイン4種 飲み比べセット 
お好みのワインを50mlずつ4種類のテイスティング
価格は各ワイン100mlの半額で提供します。
(但し、開いているワインのみとなります。)

<赤ワイン>
1:原価ワイン287弾:世界で最もケタ外れなカベルネのひとつ
★★★シェーファー ヒルサイド・セレクト カベルネ・ソーヴィニヨン 1997
¥2000/50ml 市場完売:¥40000以上 重厚フルボディ  90年代カリフォルニア最強の銘酒

<原価ワインのルール>
お一人様1800円(市場価格が5万円以上の場合は2500円)以上の飲食をされた方に提供しています。毎回木曜日からスタートし、完売したら次の木曜日に新たな原価ワインを提供しています。現在1〜2週間に1本ペースで開けています。

2:五大シャトー・ラフィットのサードワイン的なポイヤック
★★ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト ポーイヤック・レゼルブ・スペシアル 2015
<25%OFF>¥1200/70ml ¥1600/100ml  市場価格:¥4500 ミディアムフルボディ

3:豪州の濃縮系グルナッシュ
★★★グリーノッククリーク コーナーストーン グルナッシュ 2009
¥1600/50ml (市場完売:¥8000以上) 重厚フルボディ
<豪州で最多となるパーフェクトワインを生み出すカルト生産者グリーノック・クリーク>

4:フルーティーで濃いめの赤ワイン:シラー
★サイクルズ・グラディエーター シラー 2014  
¥800/100ml 果実味フルボディ <カリフォルニアのフルーティーなシラー>
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★コート デュ ローヌ ルージュ ル プティ アンデゾン
¥700/100ml 野生味フルボディ <フランス・ローヌ・シラーの見本>


5:濃いめの赤ワイン:カベルネ 
★テイラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン 2012        
¥800/70ml ¥1000/100ml (日本未入荷)フルボディ <濃厚な豪州カベルネの見本>
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★サンドバー カベルネ・ソーヴィニヨン 2013
¥700/70ml ¥900/100ml フルボディ 豪州カベルネの名産地クナワラの濃厚なカベルネ

6:軽やかで香り高い赤ワイン:ピノ・ノワール
★★ドメーヌ・ヴォアリック ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2014
¥900/70ml ¥1200/100ml 市場完売¥2400前後 ミディアム・ライトボディ

7:フルーティーな赤ワイン:メルロー
★シレーニ セラー・セレクション メルロー 2017
¥800/100ml ミディアム <日本で最も売れているニュージーランドワイン>
↓品切後、下記のワインを開けます。↓
★★ジャラ・リッジ ジン リザーヴ・メルロー 2012
<20%OFF>¥1000/70ml ¥1400/100ml (価格:¥4345) フルボディ
豪州の果実味たっぷりの高級メルロー

8: 世界で最もハートが似合うワイン 2/12から
★★ル・マルキ・ド・カロン・セギュール 2015
¥1300/70ml ¥1800/100ml 市場価格:¥4000 フルボディ
ボルドーワインの3級シャトーを代表するシャトー・カロン・セギュールのセカンドワイン


<白ワイン>
9:コクのある辛口シャルドネ
★★シミ シャルドネ ソノマ・カウンティ 2017
¥900/70ml ¥1200/100ml (市場価格:¥2400前後)
カリフォルニアの名産地ソノマの濃醇なシャルドネ

10:スッキリ系の白ワイン
★ジョエル・ロブション コレクション ソーヴィニヨン・ブラン 2017
¥700/70ml ¥900/100ml 洗練辛口
<世界一のシェフ、ロブションの南仏産ソーヴィニヨン・ブラン>

11:トロピカルな香りの中口白ワイン
★★ゲヴュルツトラミネール アルザス グランクリュ ピングベルグ 2013
¥900/70ml ¥1200/100ml (市場価格:¥2765) 芳香中口
<フランス・アルザス地方の偉大な特級畑「ピングペルグ」のゲヴュルツ バラの花の香り満開!>

12:フランスの極甘口貴腐ワイン
★★クレスマン ソーテルヌ 2016
<30%OFF>¥1000/70ml  (市場価格:¥4082)極甘口
<世界三大貴腐ワインの産地ボルドー・ソーテルヌ地区の極甘口貴腐ワイン>

13:イタリアのオレンジワイン
★★カンティーナ・マリリーナ クリヴ ビアンコ NV
¥800/100ml <イタリア・シチリアの自然派オレンジワイン>

ワインの解説は続きを読むをクリック!

続きを読む